イノシシ

2019年10月31日

山腹の墓地

 ところは東舞鶴。
 小高い山の斜面です。
RIMG0810



 上ってみると、三方を占める森や藪の物凄いことがわかりました。
RIMG0809
 忍び寄るイノシシにとってはいかにも好都合と思います。


 藪を墓園から締め出すラインで施工しました。
 写真の箇所では、参道の空間を確保するために、極力藪に迫って工事しています。
RIMG0832
RIMG0835
 このように、山肌それも密植の周縁をラインが走る場合、フェンスの折り出し部(スカート部)は工程の急所となります。凹凸の激しい表土や縦横に張る根のために、折り出しを満遍なく地に着けることが困難になるのですが、敵がイノシシのときはことに、これを疎かに済ませることはできません。ご注文によって、接地具である「アンカーピン」を標準より余計に用いることもあります。


 場所によっては傾斜の麓をラインが通ることもあります。
RIMG0828
 その場合、下ってきたイノシシが「飛び越え」に挑む可能性も考えます。お知らせして、最善のラインを選んでいただくようにします。



RIMG0826
 お引き渡し後の維持管理としてお勧めするのは、フェンス沿いを時々草刈りしていただくことです。外周が歩きやすいと点検がまめになりますし、また当方の見るところでは、人里から目の届く場所と草むらの奥とでは、フェンスを攻撃するイノシシの執拗さがやはり違います。















skyfence269 at 02:27|PermalinkComments(0)
ギャラリー
  • 庭先でご利用の例
  • 庭先でご利用の例
  • 庭先でご利用の例
  • 庭先でご利用の例
  • 庭先でご利用の例
  • 庭先でご利用の例
  • ソーラーパネルをフェンスする ― 草刈りから完成まで
  • ソーラーパネルをフェンスする ― 草刈りから完成まで
  • ソーラーパネルをフェンスする ― 草刈りから完成まで