2019年11月03日

ドッグランあれこれ

1月ヶ瀬


  広い敷地に週末にやってくる。
 走り回るだけで出ようとはしないみたいですが
  喜んでぴょんぴょん飛び跳ねるのを見ていると
  1m50の高さで大丈夫か心配になります。

2津伊賀瀬

  真砂土の土壌なので大雨で溝が出来やすく
  地面の隙間から脱出されないように
  下の網の折り返し部はしっかりとアンカーで
  押さえておきたい。


2TIKURIN

   京都の竹林の庭のある御宅。  
  だいぶ竹を間引いてからの施工。
   もちろん猪鹿などの侵入も防ぎたい,
   且つ愛犬の脱走は防ぎたい・・


大上健

  じゃーーんん!わたしの運動場です。
  少しですがウルフの血が入ってます。
  おとなしいと聞きましたが信用してません。
   作業中は室内に在宅していただきました。

tikurinn

  高さ2mですが敷地側が高いのでこれくらいは必要です。
    なにせウルフです!
  竹の根をわけての柱打ちはなかなかのものでした。
  基礎を入れず、また自在にラインと勾配を取れる
  巻網はこのような所では本当にお勧めです。

rocco庭

  こちらはゴールデン。
  庭木を縫うようにフェンスが走ります。
  基礎ブロックを入れずに済みますから
  生垣の際をラインどりできます。
  枝木の選定もなるべく少なく・・

rocco

  下の方の網目は5cm角と小さいです。
  最近多い小動物を意識しています。
   メッキのツヤもじきに飛びますから
  是非、つる性の植物を這わせてみてください。



  IMG_20190925_143645

       ここは小型犬ですが室内待機です。
  植え込みがしっかりしていて
  プロに選定をしてもらってます。

1570368754212


  過剰選定によって室内丸見えにならないように
  また隣の木の枝をあまり触らないようにと
  むずかしいことが多いですが
  完成するとなんとか格好になって見えます。
  ここも鹿よけとセットでの発想です。

 



skyfence269 at 01:11|PermalinkComments(0)フェンス 

2019年11月01日

鹿捕獲誘導柵2種

   比較的シンプルな囲いと仕掛け

yogoko 1

    ここでは杉林の中に設置。
       柵の内外をなるべく自然のままで。
  メッキ材や網の光沢も数か月でくすみ
    日暮れ時などは
   判然としないほどになる。

     



yogoko 2

       6m長の仕切りを廻り込んで
    数匹が中に入る構造。

  エサは左端の杉の根元にあり
   細いワイヤーに足をかけると
      扉が閉まる仕組み。




  
  多頭数狙いで広く遠隔操作式入口のもの


鹿柵施工


       驚いて飛び出さないように
   2m40高の網の上部に
さらに
  内忍で4段のケーブル線を取り付ける。

 

鹿柵折り返し

   水路や窪地は丁寧にふさがないと
   閉じ込めてから必死に潜り込む。

鹿檻正面

 
  カメラ監視式操作扉。
  多頭数の侵入を確認して閉める。

鹿柵遠景

   細長い敷地の数か所にエサ場を作り
    囲われ感を薄めて
     多くを寄せようというもの。

   村落からは少し山あいに入った谷筋。


skyfence269 at 23:06|PermalinkComments(0)フェンス 

2019年10月31日

山腹の墓地

 ところは東舞鶴。
 小高い山の斜面です。
RIMG0810



 上ってみると、三方を占める森や藪の物凄いことがわかりました。
RIMG0809
 忍び寄るイノシシにとってはいかにも好都合と思います。


 藪を墓園から締め出すラインで施工しました。
 写真の箇所では、参道の空間を確保するために、極力藪に迫って工事しています。
RIMG0832
RIMG0835
 このように、山肌それも密植の周縁をラインが走る場合、フェンスの折り出し部(スカート部)は工程の急所となります。凹凸の激しい表土や縦横に張る根のために、折り出しを満遍なく地に着けることが困難になるのですが、敵がイノシシのときはことに、これを疎かに済ませることはできません。ご注文によって、接地具である「アンカーピン」を標準より余計に用いることもあります。


 場所によっては傾斜の麓をラインが通ることもあります。
RIMG0828
 その場合、下ってきたイノシシが「飛び越え」に挑む可能性も考えます。お知らせして、最善のラインを選んでいただくようにします。



RIMG0826
 お引き渡し後の維持管理としてお勧めするのは、フェンス沿いを時々草刈りしていただくことです。外周が歩きやすいと点検がまめになりますし、また当方の見るところでは、人里から目の届く場所と草むらの奥とでは、フェンスを攻撃するイノシシの執拗さがやはり違います。















skyfence269 at 02:27|PermalinkComments(0)フェンス | イノシシ
ギャラリー
  • 2018年 兵庫県 ゴルフ場
  • 2018年 兵庫県 ゴルフ場
  • 2018年 兵庫県 ゴルフ場
  • 2018年 兵庫県 ゴルフ場
  • 2018年 兵庫県 ゴルフ場
  • 2018年 兵庫県 ゴルフ場
  • 2018年 兵庫県 ゴルフ場
  • 2018年 兵庫県 ゴルフ場
  • 2018年 兵庫県 ゴルフ場